新生児肌着の特徴

新生児肌着は、デリケートな肌を持つ赤ちゃんが着ることを想定して作られています。そのため、大人のみなさんが普段着ている服とは大きく異なる点がいくつも存在します。そこでここでは、新生児肌着の特徴について詳しく説明します。

まず、新生児肌着はほとんどが着物と同じような作りをしており、前合わせであることが多いです。これは、赤ちゃんを起こすことなく、寝かせたままでも着替えをしやすいように工夫されているからです。

新生児肌着の大きな特徴として、縫い目がすべて表側についているということがあります。なぜかというと、縫い目が裏側にあると肌に触れてしまいます。大人やある程度成長した子供であれば大丈夫ですが、デリケートな赤ちゃんの肌にはよくないということで縫い目が表側になっているのです。

また、服の打ち合わせが深く作られているのも新生児肌着の特徴です。赤ちゃんは、ベッドに寝ていても激しく動き回るので、肌着がはだけてしまうことがよくあります。その際にお腹が出てしまわないように工夫がされています。

さらに、まだ歩くことができない赤ちゃんは、身振り手振りなどで感情を伝えようとします。その際に肌着が邪魔にならないように、腕回りもゆったりとした作りをしています。

このように、新生児肌着は赤ちゃんのことを思って作られているものです。