新生児肌着の選び方

前述のように、新生児肌着にはさまざまな特徴があります。しかし、いざ新生児肌着を探そうとしても、世の中には無数の種類があるため、どうやって選べばよいのか分からないという方も多いでしょう。そこで次は、新生児肌着の選び方について詳しく説明します。

そもそも新生児肌着にはいくつかの種類があります。それは、短肌着・長肌着・コンビ肌着です。

短肌着は、赤ちゃんの肌に直接着せるものであり、どの赤ちゃんにも必要なものなので必ず購入しましょう。汗をしっかり吸収してくれるため、赤ちゃんの体にフィットするものを選びましょう。

長肌着は、短肌着の上から着せるものです。着せ替えが楽になるよう、前が大きく開くものを選択しましょう。

コンビ肌着は、長肌着の代わりに短肌着の上から着せるものです。赤ちゃんがバタバタしてもはだけにくいため、抱っこをする場面で活躍するでしょう。

また、肌着の素材は、基本的に綿が使われていますが、生地の織り方によって厚さや編み方に違いが出てきます。

通気性や吸汗性を重視するのであれば「ガーゼ」がおすすめです。ただ伸縮性に欠けるため、よく動く赤ちゃんには向いていないです。保湿性や吸汗性を取るのであれば、「スムース」や「パイル」がおすすめです。全体的にバランスがよく、季節を問わないのが「フライス」です。

このように、新生児肌着と言っても、赤ちゃんの体質や普段の様子によって何を選べばよいのか変わってきます。しっかりと考えたうえで購入してみてください。

 

新生児肌着の特徴

新生児肌着は、デリケートな肌を持つ赤ちゃんが着ることを想定して作られています。そのため、大人のみなさんが普段着ている服とは大きく異なる点がいくつも存在します。そこでここでは、新生児肌着の特徴について詳しく説明します。

まず、新生児肌着はほとんどが着物と同じような作りをしており、前合わせであることが多いです。これは、赤ちゃんを起こすことなく、寝かせたままでも着替えをしやすいように工夫されているからです。

新生児肌着の大きな特徴として、縫い目がすべて表側についているということがあります。なぜかというと、縫い目が裏側にあると肌に触れてしまいます。大人やある程度成長した子供であれば大丈夫ですが、デリケートな赤ちゃんの肌にはよくないということで縫い目が表側になっているのです。

また、服の打ち合わせが深く作られているのも新生児肌着の特徴です。赤ちゃんは、ベッドに寝ていても激しく動き回るので、肌着がはだけてしまうことがよくあります。その際にお腹が出てしまわないように工夫がされています。

さらに、まだ歩くことができない赤ちゃんは、身振り手振りなどで感情を伝えようとします。その際に肌着が邪魔にならないように、腕回りもゆったりとした作りをしています。

このように、新生児肌着は赤ちゃんのことを思って作られているものです。

新生児肌着は赤ちゃんのためにある

待望のお子さんが生まれて喜んでいる方や、妊娠が分かって喜んでいる方が多いでしょう。本当におめでとうございます。これから大変なこともあるかと思いますが、がんばってください!

子供が生まれると、さまざまなものを用意しなければなりません。ベビーカーや哺乳瓶など、赤ちゃんが普段使うものや、オムツなどの消耗品まで本当に多くのものを揃えなければなりません。

しかし、何よりも優先して準備したいのが、赤ちゃんが着る「服」ではないでしょうか。もちろんベビー服も大事ですが、それよりも内側に着て、赤ちゃんの肌に直接触れる「新生児肌着」こそ、赤ちゃんのためにもっともよいものを揃えたいところです。

みなさんのような大人や、幼稚園や小学校に通うようになれば「着られればよい」と思う方や、とにかく汗をたくさん吸ってほしいと、「吸汗性」を重視する人も多いでしょう。もちろん新生児肌着においても、吸汗性などは大事です。しかし、新生児の肌は、大人が思っている以上にデリケートであり、簡単に傷ついてしまいます。そのため、もっとも新生児肌着に求められている能力は、「赤ちゃんの肌を傷つけないこと」です。そのために、さまざまな会社が多くの努力をして、新生児肌着を作り出しています。

そのおかげ、巷には新生児肌着があふれかえっています。そこでこのサイトでは、新生児肌着の特徴や、新生児肌着を選ぶ際にポイントとなる点を紹介します。お子さんのことを考えて、少しでもよいものを着せたいと思っているみなさんに、有益な情報を届けられれば幸いです。